映像制作依頼の際に準備しておくべきポイント

動画制作依頼書をしっかりと制作する

打ち合わせの際にその内容を明記した書類である映像制作依頼書は必ずしも必要な書類ではありません。しかしながら、相手に制作してもらいたい映像がどんなものなのか、口頭だけでそのすべてを伝えきるというのは非常に難しいと考えられます。
さらに、その場での雰囲気や打ち合わせでの流れでも映像の内容は変わってしまう場合があります。なので最初に思い描いていたものと完成した映像が違うといったトラブルを起こさないためにも映像制作依頼書はきちんと制作しておく必要があり、こういった意味で下準備は非常に重要になります。

このように、依頼した内容と完成した映像に食い違いが起こらないためにも、口頭だけの打ち合わせだけではなく、きちんとした下準備のもと制作した映像制作依頼書を準備しておくことをお勧めします。

大切なのは目的を明確にすること

映像を業者の方々に依頼するからには、映像はどのように政策をするのか明確な理由があるはずです。もしかすれば、ホームページといったものの集客を狙った目的の物もあるのかもしれません。そういったものも明確にしておくだけでもその先の完成した映像のクオリティーには明確な違いが存在するのです。
このように発注者に明確に伝えたいことを確認することは非常に重要で、これを準備しておくかしておかないかではその後の打ち合わせのスムーズな進行具合などにもかかわってくるのです。

なのでここまで述べた事柄だけでも明確にしておき、確認と準備をしておくだけでも映像作品完成というゴールに近づくのに非常に役立つことは確実なので、まずはどのような目的でこの映像を作りたいのかをしっかりと確認しておきましょう。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top