映像を用いての宣伝は非常に効果的

映像制作依頼の流れを紹介

映像制作の全体の流れとしましては、主に打ち合わせ、ヒアリングをして制作したい映像のイメージをつかみ、映像制作のためのシナリオや映像のための骨組みともいえるコンテの作成、そしてここまでが終了して初めて撮影が始まります。
そして発注者のイメージ通りになるように撮影を行い、撮影した作品の編集作業、音入れ、そして発注したクライアントが依頼したイメージ通りの映像になっているかの確認のための試写を行い、クライアントに納品を行うといった工程が映像制作の全体の流れとなっています。

また、映像制作の中では撮影が重要な割合を占めていると考える方も多いですが、重要な工程は映像制作業者との打ち合わせの部分にあります。この部分でイメージを明確に伝えきれなくては、思い通りの映像が完成できないので、そういった意味でもきちんとイメージを伝えるという下準備が非常に大切になってくるのです。

打ち合わせは映像制作依頼で重要な箇所

映像の具体的なイメージを相手に伝え、効果的な宣伝をするためには、打ち合わせが非常に重要な要素になってきます。
そして打ち合わせの際には自分の作りたい映像がどんなものなのか、制作してくれる業者に理解してもらうまで何度も打ち合わせを行うことが大切です。なのでまずは自社や個人の実績を見せたり、映像制作の方向性などを決めていくことから始めましょう。

また、打ち合わせの際に宣伝したい商品などの魅力の説明が十分に伝わらない場合や、完成した際のイメージにずれを感じてしまった場合などには、制作してくれる業者を変えるといった事も考える必要があります。こういったことから、依頼者のイメージをくみ取ってくれる業者なのかを見極めるという意味でも、打ち合わせは非常に重要なものとなっているのです。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top